棕櫚亭 Last Updated 2019-09-15

HOME > 第三回生田寄席

梅雨の天気が心配されましたが、とてもいいお天気になりました

紫陽花も鮮やかに涼やかに色づいています

今日の噺家さんは入船亭扇辰さん

本日の開口一番は入船亭辰じんさん

「子ほめ」を聞かせてくださいました

真打・入船亭扇辰師匠

「こう暑くちゃ、聞きにくるのも一苦労」お客様は大笑い

最初のお題目は「麻のれん」。夏のお話。しかもこういう寄席でしか聞けないという珍しいお話

寄席限定の理由は「ああそうか・・・」というものですが、とても面白いお話でした。あ~枝豆食べたくなってきます。

中入りでは、ちょっとしたお茶菓子。冷たいアイスレモンティーとご一緒に。

「もう一席お付き合いくださいよ」と二幕目

二幕目のお題目は「恪気の独楽」

いつの時代もやきもちはつきものでございますね

よく通る扇辰さんの声が、おかみさん、だんな様、小僧さんとクルクル変わります。グググッと引き込まれて、笑う。

色紙に一言いただきました


落語のあとの歓談。今回はアイスティーもご用意させていただきました。

今回はCDにサインしていただきました

とっても気さくな扇辰師匠です。お茶の時間もたくさんお話してくださいました。また是非聞きたいです。